ワイプグローブの防寒性・・・

構造的に、手のひら全体の半分以上を4枚重ねの布地で覆っているために風が通りにくく、冷たい風から手を守ることが可能です。
スタートからウォームアップ状態になるまでは、手を握った状況で使うことで、指先の冷えが抑えられます。
ランニング途中の急な気温上昇時には手を広げることにより、通気性がよくなり体温調節もできます。
ランニンググローブと重ねて装着することで、極寒時の防寒性が高まります。さらに拭き取った汗によるグローブ自身の冷えからくる冷たさも防ぐことができます。
プーマ (ジャージ)とアディダス
ブート キャンプ(Boot Camp )情報
タグ:防寒
【日記の最新記事】
posted by ワイプグローブ at 23:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。